窓ガラスのゴムパッキンの交換について!

窓ガラスは、主にゴムパッキンのようなものでサッシ枠にはめ込まれています。ゴムパッキンは正式には「グレンジングチャンネル」と呼ばれ通称「グレチャン」との名称で使用されています。

●汚れてゴムパッキンだけ交換したい!

●汚れているゴムパッキンをキレイにしたい!

とのご相談があります。

 

ゴムパッキン(グレチャン)だけの交換はできますか?

サービス提供前

カビで真っ黒のグレチャン。特にシルバーや白系は汚れが目立ちますね。

サービス提供後

スッキリキレイになったゴムパッキン。見た目もキレイになり、ガラス保持の機能も向上しました。

ゴムパッキン用のカビキラーのようか洗剤もありますが、中々キレイにするには限度があると思います。又、新しいゴムパッキンでないと、止水性能やガラス保持機能は向上しません。

誠に申し訳ございませんが、グレンジングチャンネルのみの交換は当社では行っていません。』

●理由➡グレチャン交換はサッシから既存のガラスを外しての作業のため、既存のガラスが割れてしまう可能性が高い為です。特に網入りガラスはグレチャンに隠れているガラス部分がサビており、少しの振動でヒビが入る可能性があるからです。

当社ではガラス交換時のグレンジングチャンネルの有料で交換は承っています。割れたガラス交換時のグレンジングチャンネルの交換ご依頼はとても多いです。(一部廃番の為交換できないゴムパッキンもあります。)

ガラス修理ご依頼時に「ゴムパッキンの交換も希望」とご連絡下さい。グレンジングチャンネルを交換ご希望のお客様は「見た目がカビて汚いので交換したい。」との理由がほとんどですが、グレンジングチャンネルはサッシ枠にガラスをきちんと固定する重要なゴムパッキンです。​劣化していると、窓ガラスが動き割れる場合もあります。交換すると機能性も向上します。