ガラス修理の事なら、電話でガラス修理料金をお伝えする地元店にお任せください

ガラスのレスキューセンター

営業時間
7:00〜22:00
休業日
年中無休

ご予約・お問い合わせはこちらへ

0120-188-311

割れたガラスが火災保険で元通りに!

確認してみよう火災保険!

火災保険というネーミングから火事のみを対象にしていると思われがちです。火災保険から「ガラス工事」料金が保険適用されるケースがあることを知らずに直してしまう方も多いようです。どのようなトラブルで保険適用となるのでしょうか。ご案内します。

よくあるガラストラブルケース

ボール被害

お子さんが遊んでいたボールが窓ガラスにあたり割れた。

空き巣被害

空き巣に狙われ窓ガラスを割られた。

熱割れ・サビ割れ

熱割れ・サビ割れでガラスにヒビが入った。

台風被害

台風の強風で物が当たりガラスが割れた。

保険料は上がりません。

「車の保険は翌年保険料はあがりますが、火災保険は「免責」以外の負担はありません。

ぜひ、保険証書を手元に保険会社に問い合わせしてみましょう。

必要書類

火災保険で適用となる場合に重要なのは「作業前・後」の写真。又空き巣被害の場合は必ず警察への届が必要となります。気を付けましょう。ガラス修理業者には「見積書」「請求書」を発行してもらいましょう。

火災保険以外に・・・

火災保険以外に「損害保険」「総合保険」という他のご加入の保険でガラス修理が補填される場合があります。一度ご加入の保険を全て確認してみましょう。

いざという時の保険です。少額でも必ず保険会社に相談してみましょう。保険契約内容では、ご自身で割ってしまったガラス修理料金も補填されるケースもあります。ご契約内容の保険によっては「免責負担」や対応されない場合もありますので、必ずご加入保険会社にご確認ください。

ガラスのレスキューセンターでは保険必要書類は無料発行

見積書

ガラスのレスキューセンターでは、保険関係書類は安心無料発行です。

基本的に保険会社に提出する必要な書類は・・・

①御見積書

②請求書

③作業前・後のお写真

ガラスのレスキューセンターで発行する機会が多い作業内容は・・・

①網入りガラスの熱割れ・サビ割れのガラス修理ご依頼

②空き巣被害のガラス修理ご依頼

③台風被害や強風被害のガラス修理ご依頼

保険関係書類の発行はお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-188-311

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。